もうずいぶん古くなった感もありますが、まだまだ使える堅牢使用の
HDL-GXRシリーズです。ハードディスクを2TBに換装したときの
作業メモ。

1. ファームウェアをVersion1.16(おそらく最終版)に更新

http://www.iodata.jp/lib/soft/h/hdlgxr_f116.exe

2. Telnet有効化

ファームウエアーのアップデーターをハックする方法は、
“HDL-GXR telnet”などのキーワードでぐぐるとたくさん出てきます。

私の場合はおとなしく、取り出したHDDをLinux機にUSBでつなげて直接
/etc/inet.d/rc.localを書き換えてしまいました。

#mount /dev/sdc3 /foo
#vi /foo/etc/init.d/rc.local

ファイルの一番後ろの#Endの前に、一行挿入

/usr/sbin/telnetd -l /bin/sh
#End

#umount /foo

で、Linux機から取り外し、元のとおりLAMNDISKの中に収めます。
すぐにまた、HDDを取り外すことになるので、HDDを結線するだけ。
ただし、電源などがむき出しですから、心配な人は側板を取り付けて
おきましょう。自己責任で。

3. 交換用HDDを接続
新しいHDDをUSB外付けHDDケーブルを使用してLANDISKのUSB2(後部のポート)に接続。
これが/dev/sdbになる。

4. 先頭の2GBを交換用HDDにコピーする
telnetでLandiskにログイン

# fdisk -l
で、新旧HDDのパーテーションを確認。
中古HDDに乗せかえる場合に、Windowsのパーテーションが
残っているようなら念のため削除しておく。

システム領域(HDDの先頭2GB分)を新HDDにコピー
# dd bs=1M count=2048 if=/dev/sda of=/dev/sdb

5. 後ろのほうのパーテーションを切りなおす

# fdisk /dev/sdb

旧HDDのパーテーションサイズのままなので、一旦パーティションを削除し切りなおし。
Command (m for help): d
Partition number (1-6): 4

拡張パーテーションを作成し直す。
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
e
Selected partition 4
First cylinder (1-242985, default 1): 145
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (145-242985, default 242985):
Using default value 242985

パーテーション(sdb5)を作成。
Command (m for help): n
First cylinder (145-242985, default 145):
Using default value 145
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (145-242985, default ): 170

パーテーション(sdb6)を作成する。
Command (m for help): n
First cylinder (171-242985, default 171):
Using default value 171
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (171-242985, default ):242500

sdb6は、目一杯領域を取らずに少し余裕を持たせて小さめにしてあります。
これは、HDDには個体差はあり、微妙にセクタ数が違ったりします。
ミラーリングをする際に、万一内臓のHDDよりセクタ数の少ないHDDを
つないだ場合はミラーリングに失敗するので、余裕を持たせて少し小さめの領域を
確保しています。
ミラーリングする予定がなければ、目一杯確保してOKです。

パーティションを書き込む。
w

6. 5.で確保した領域をフォーマット
# mke2fs -j /dev/sdb5
# mke2fs -j /dev/sdb6

7. 設定保存用パーテーション(sdb5)の内容をコピー
# mount -w /dev/sdb5 /mnt/usbdisk1/
# cp -Rpf /mnt/hda5/* /mnt/usbdisk1

8. データ用パーテーション(sdb6)に必要なフォルダを作成する。
# mount /dev/sdb6 /mnt/usbdisk2/
# cd /mnt/usbdisk2/
# mkdir -p share/disk/ spool/samba

9. シャットダウンして新HDDに入れ替え&再起動
# shutdown -h now

パワースイッチを入れしばらく待つ。
Telnet出来るようになるまで、かなり時間がかかります。
(アクセスランプの点滅が止まるまで。ステータスランプは
点滅しっぱなしになっていますので注意)
立ち上がってもまだ正常動作しません

10. RAIDを再構築する
Telnetでログインして、RAIDを再構築
# mdadm -C -f /dev/md5 -l 1 -n 1 /dev/sda5
# mdadm -C -f /dev/md6 -l 1 -n 1 /dev/sda6

11. 再起動
# shutdown -r now

12. データ用パーティション(samba)のオーナーとパーミッションを書き換え
Telnetで再度ログインし、データパーティションの属性を変更する。
# cd /mnt/hda6/share
# chown nobody:nobody disk
# chmod 775 disk

13.動作確認
ブラウザーから
http://landisk などで管理画面にアクセスして動作確認。

で、完了。
元通り側板と上下のふたを元通りセットして終了です。

いまさら保証期間の残っているものはないと思いますが、
メーカー保証は受けられませんので、自己責任で。

はずしたHDDは、故障の際のレスキュー用として大切に保管しておきましょう。